お腹に優しい。卵雑炊。キクラゲ入り。

【コンセプト】

 寒い日は雑炊でお腹の中から温まりましょう。また、大根は胃腸の働きを助ける成分が豊富です。ちょっと最近ごちそうを食べ過ぎたかな、、、と言う方にはぜひ!美容と健康にいいキクラゲも入れて!

 

【ポイント】

 中華風雑炊です。冷蔵庫に余ってる野菜があったら刻んで入れちゃいましょう。卵を入れたら長時間ぐらぐら煮ないほうが美味しいですね。

  

【材料】 5人前
乾燥キクラゲ:10g

大根:400g

ニンジン:100g

:2個

ご飯:茶碗4杯

鶏がらスープの素:小さじ5杯

いくら:さじ5杯

1.愛知県豊田市のスーパーやまのぶでキクラゲを購入。

2.キクラゲを耐熱容器に入れ、水を入れてラップをしてレンジで加熱。レンジから出して、ラップのまま10分ほど放置すると美味しそうに膨らみます。

木耳 キクラゲ

3.大根を短冊に切ります。

4.ニンジンも短冊に切り、キクラゲは幅1cmくらいに切ります。

5.大根、ニンジン、キクラゲ、鶏がらスープの素を鍋に入れて中火で10分ほど煮ます。ニンジンが柔らかになればOK!!

6.具が柔らかくなったら、ご飯と卵を入れて中火でかき混ぜながら1分ほど加熱。卵がほどよく固まったら火を止めて。

7.器に盛り、いくらをのせます。今回はおせちで余ったいくらをのせましたが、ゴマ、刻みネギ、削り節などお好みの薬味をのせて下さい。温かいうちに召し上がって下さいね。